Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

年金受給者がお金を借りる方法!金利の少ない方法が知りたい!

一般的に、お金を借りるときは仕事などをして働いていることが前提です。そのために、年金受給者はお金を借りるときには難しい問題がでてきます。もちろん、そのお金借りる際の金利も大きな問題になります。年金受給者が、今支給されている年金を担保にお金を借りることができる機関が実は存在しています。独立行政法人で福祉医療機構の年金担保貸付事業です。こちらの利用条件は、年金受給者であることが求められます。年金受給者は、厚生年金や国民年金などがありますが、すでに年金担保貸付を利用している場合や年金が停止している場合は利用ができません。ここでは、年金担保の場合の金利が年9%と通常の金融機関と比べると安くなります。ただ、ここでは融資限度が設定されているので注意が必要です。その融資限度は、まず10万円から100万円までとなります。そして、受給している年金の8倍までと設定があります。そのために、1回の返済額の15倍までとなります。一例を挙げると、年金の1年間の金額が150万円の場合毎月2万円返済をするとして最高額は120万円になります。しかし、返済額の15倍とされているので実際には30万円の限度額となります。そして、条件には連帯保証人に必要になります。返済は、借りた側の年金から自動的に支払いがされます。手続きは、今現在年金を受給している金融機関の窓口で申請ができます。この場合は、年金受給者の本人が必ず行くことが前提になります。