Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

腸内フローラと赤ちゃんの健康

腸内フローラと赤ちゃんの関係性についてご存知でしょうか。腸内細菌とこの腸内環境ですが、どうやら赤ちゃんのうちに決まると言われています。赤ちゃんの腸内環境を良好に育てるためのポイントについて紹介します。胎児の体内では、大きな変化が起こっています。胎児は、外見の変化が大きいのですが外見上の変化以上にも乳児のカラダの中で大きな変化が起こっています。胎児の腸の中は、まったくの無菌状態になっているのが大きな特徴です。生後から3日頃からビフィズス菌が体内で急激に増え始めるのです。そして、離乳期を過ぎる頃に悪玉菌が増えてきます。

乳児のカラダの中で増える悪玉菌ですが、赤ちゃんの見えないところでどんどん増えています。私達の腸内には、善玉菌と悪玉菌の2つの菌が存在しているのが大きな特徴です。善玉菌には、健康維持をする効果を発揮してくれるのが大きな特徴です。カラダに良い影響を与えてくれるのですが、悪玉菌には免疫力を下げて老化や病気を引き起こす作用があります。善玉菌と悪玉菌ですが、常に勢力争いをしているのが大きな特徴です。善玉菌が優勢になれば健康を保つことができるようになります。善玉菌は、カラダの中に多いほうが良い影響を与えてくれるようになっています。

他にも、優勢になった菌同様の働きをしてくれる日和見菌というものがあります。この日和見菌というのは中立的な菌です。どちらの菌に良い効果を発揮してくれるのが大きな特徴です。授乳期の赤ちゃんの腸内細菌ですが約90%が善玉菌によるビフィズス菌と言われています。離乳期になってオトナと同じ食事を摂るようになると、悪玉菌が増えてきます。腸内環境が変化して大人型のバランスになってしまいます。高齢者で免疫力が低い人が多いのは、この腸のチカラが弱まることが原因と言われています。

乳児の腸が健康かどうかは、ママが大きく影響しています。赤ちゃんの最初の腸内環境ですが、産道でママの腸内環境を受け継ぐというものがあります。母乳の影響を受けると言われています。ママの腸内環境が乳児にも大きな影響がありますし、産前と産後には善玉菌優勢の腸内環境に改善するのが効果的と言えるでしょう。

乳児は、生まれた時から腸内環境が決まってしまうの?と気になっている人も多いのではないでしょうか。善玉菌と悪玉菌のバランスは離乳食以降の食生活で決まると言われています。乳児が生まれた時から腸内環境が決まるというものではないです。出産前後のママの腸内環境が悪かったとしても食生活を改善することで乳児の腸内環境も改善されるのが大きな特徴です。腸内フローラサプリも選択肢の一つとして頭に入れておくと良いでしょう。

Comments are closed.